太田市あおぞら接骨院症例ブログ

バレエ 治療 側弯症

2014年01月4日

IMG_0360.JPG

側弯症のため左に身体を傾けれず、腰痛もあるバレエダンサーです。

左の写真の肋骨はまっすぐで動いていませんが、右はかなり動くようになっています。

当院の側弯症治療を行い、身体がうごきやすくなり、腰痛も解消しました。

側弯症に気づいていないバレリーナは多く存在します。

バレエだけでなく、片側ばかり使う競技の方は後から側弯症になることが多く、早期に治療することで悪化を防げます。

お子さんが側弯症か心配な方はご相談下さい。

自宅でのケアもお伝えし、動きやすい身体へ変えていきます。

お問合せ・ご予約はこちら

あおぞら接骨院。よる8時まで受付。電話:0276-55-8131
TOPへ戻る