あおぞら接骨院

ご予約で夜8時まで受付、交通事故・保険取扱いあり。0276-55-8131。群馬県太田市飯塚町1377

ゴルフ治療

  • スイング時に右ひじの内側が痛む(ゴルフ肘)
  • スイング時に手首が痛む
  • テイクバック時に右ひざが痛む
  • 試合の日が近いのにケガをしてしまった
  • フォロースルー時に左ひじが内側(外旋)に入りづらい

ゴルフをする際、腕だけでスイングしてしまうなど、身体の一部しか使えていない方も多いようです。

当院では肋骨、背骨、股関節など全身を使い、スイングするのに必要な柔軟性を高め、体幹や膝などを安定させ、動きやすい身体にします。
ゴルフのパフォーマンスが上がるので、プロゴルファーもツアー前に施術を受けに来られます。
動きやすい身体を手に入れて、楽しくゴルフをしましょう!

野球肘

野球肘とは、部活などで野球をしている方の、特に投手によくみられる症状です。
ひどくなると痛みが激しくなり、野球をするのが難しくなってしまいます。
少しでも違和感を感じたら、なるべく早く検査を受けることが大事です。

あおぞら接骨院 野球肘の治療法

野球肘の発見にはエコーが有効!

エコー写真

当院では、野球チーム単位で投球障害の勉強会を行うなど、野球肘などのスポーツ障害を予防する活動をしています。
野球肘の早期発見には、エコーによるメディカルチェックが有効です。
一般の方が見てもよく分からないエコー画像を、本人と保護者の方に分かりやすく説明します。

当院に来院されているお子様は、何度も説明をうけることで、エコーの見かたを理解し、エコーで患部が治ってくるのを確認することを、楽しみにしています。

では、具体的な野球肘の治療法は?

野球イラスト

野球肘の原因は肘ではなく、姿勢の悪さや体幹の弱さなどにあり、身体全体をみなければなりません。
肩の肩甲骨を固定する筋肉が弱いのも、肘が下がる原因となります。

エコーでしっかりと確認した後、まずは痛みや炎症を取ります。
その後、損傷部は骨折が早期に改善する骨折治療器を当て、早期の治癒につとめます。
痛み、炎症が治まると、姿勢や投球フォームを改善していきます。
そうすることで、野球肘の再発防止になります。

野球肘のエコー画像

正常な状態と小頭障害の写真

あおぞら接骨院 野球肘 お客様の声

お客様の声の掲載順は、来院日が新しい順です

「メディカルチェックで、野球肘が見つかりました」

太田市 O様 女性

息子は野球をしていて、少し肘に違和感があったようですが、痛みは感じていませんでした。
エコーで野球肘のメディカルチェックをしてもらったところ、肘の内側が剥離骨折しているのを見つけてもらいました。
あおぞら接骨院から紹介された病院の整形外科で、あと少し遅れたら手術だったと言われ、痛みがなくてもエコーのメディカルチェックできちんと調べることが必要だと実感しました。
接骨院では、姿勢矯正をし、投球フォームを治してもらっています。故障しづらくなったようです。

「先生の治療で、身体の動きが広がりびっくりした」

太田市 15歳 増田由美子プロ 女性

機能寒い中でのゴルフで左肩が痛み、今日治療に伺いましたところ、先生のすすめで身体全体のケアをしていただきました。
ひとつひとつの治療にて身体の動きが広がり、びっくりしました。
これから定期的に通い、トレーニングとともにケガのない身体をつくっていきたいと思いました。ありがとうございました。

スタッフよりご返信

痛みはすぐ改善しましたので、スイングしやすくなり股関節を安定するゴルフ治療を行ったところ、かなり安定しましたね。
ツアーの前や練習前に行うとパフォーマンスも上がりケガの予防にもなります。
しっかり治していきましょう。

“ありがとうございました”

太田市鶴生田町 40代 R・H様 

左肩に痛みがあり、戸田先生の顔が浮かび・・・連絡を取り、治療を受けました。
手をついたり煮物を持っても痛みがあったのに・・・まだ違和感は感じますが痛みがとれ、大変助かりました。
インナーマッスルの鍛え方も教えて頂きました。
“本当にありがとうございました”

スタッフよりご返信

早めに改善され良かったです。
ゴルフスイングもかなり安定し、良くなりましたね。
不安定なスイング、身体をうまく使えていないことが原因でケガをします。
再発防止のためのメンテナンスもしっかり行い、良いパフォーマンスを出せるようにします。

お問合せ・ご予約はこちら

あおぞら接骨院。よる8時まで受付。電話:0276-55-8131
TOPへ戻る